肌の保湿は重要

角質層肌の表面には角質層と呼ばれるものがあります。こちらにはセラミドという保湿成分が含まれています。これによってバリアを築いているのです。これが肌を守るために働いています。肌というのは外部からさまざまな刺激を受けています。ダニやカビがいたり、ホコリやチリがあったり、さらには紫外線も照射してきます。これらの侵入を防ぐためのバリア機能を肌は本来持っているのです。また、肌の内側に存在している水分が蒸発してしまうのを防ぐためにも機能しています。

アトピー患者の肌というのは、このセラミドを生み出すための能力が衰えてしまっています。バリア機能が失われているのです。バリアがないために肌の中にはいろいろな物質がどんどん侵入してくる状態となっています。また、肌から水分はどんどん蒸発してしまうでしょう。これによって、肌が乾燥してしまったり、かゆみが生じてしまうのです。

このようにアトピーを防ぐためには肌のバリア機能を高めることが大切だと分かるでしょう。そのために保湿ケアが必要となるのです。肌の保湿をするということは、肌を守るための水分を維持するために重要なのです。これによって肌のバリア機能を高めることができて、さまざまな刺激から肌を守ります。アトピーも予防できるのです。